WORK NOT WORK
CITY ETHNIC

2019ss_00
2019ss_01
2019ss_02
2019ss_03
2019ss_04
2019ss_05
2019ss_07
2019ss_06
2019ss_08
2019ss_09
2019ss_10
2019ss_11
2019ss_12
2019ss_13

SPRING/SUMMER' 19
MENSWEAR/WOMENSWEAR

WNW SS19 "City Ethnic" Press Release

"City Ethnic" underpins ideas behind Work Not Work's brand concept.
We look at urban culture and how it interprets the influences people bring with them when they move from country to city to city.

This season we expand on the use of jersey fabric with a cut and sew series that reimagines the basic T and sweat through using panelled construction techniques.
Mixed gauged textiles and colour push the idea of remade pieces.

WNW denim range now includes jeans and jacket in black. As part of our expanded indigo series we incorporate hand made Shibori dying techniques, indigo print “Flower” textile and linen/cotton garments designed to fade with wear.
Also in Indigo, the Japanese Labor jacket appears in two styles, one short the other long, a combination of Kimono and Edwardian Drape Coat.

At the other end of the collection is the Architect suit series. This design is now in its fourth phase, the latest cut to the silhouette sharpens the outline. The key concept of a sports utility suit stays at the heart of the outfit which includes waistcoat, jacket and Mac.

The Han coat and Poacher Jacket are both available this season in Women's and Men's range.

A series of graphic prints and “super heavy” embroidery items finish up the collection.

2019年春夏シーズンのテーマ「シティ・エスニック(都市の固有性)」は、WNWのコンセプトをよく裏付けています。都市とその住人を見つめ、そこで創られる固有の文化がどのように別の都市や国へと広がり、伝わっていくかに私は関心があるのですから。

今シーズンはジャージー素材をさらに追求し、新しいスタンダードとなるようなTシャツやスウェットなどのカットソーを、パネリングのテクニックを用いながら制作しました。色や織りの密度が異なる生地が縫い合わされるのは、まさに古着のリメイクを見ているような感覚でした。

デニムのカテゴリーには、新たにブラックデニムのパンツとジャケットが、また、インディゴ染めのカテゴリーには、絞り染めで花柄を表現したリネンコットンのアイテムが加わりました。さらに、日本の着物とイギリスのエドワード時代のドレープコートを融合させ、インディゴで染め、ショート丈とロング丈のワークジャケットを制作しました。インディゴのアイテムは、使い込むほどに美しい色の変化を楽しむことができるでしょう。

4シーズン目となるスーツのカテゴリー、通称、“アーキテクトスーツ”は、今シーズンからシルエットをよりシャープに改良。「動きやすさ」「軽量」のキーコンセプトはそのままに、ベスト、ジャケット、マックコートを今シーズンは展開します。

お馴染みのハンコートとポーチャージャケットは、メンズとウィメンズの両コレクションで今シーズン展開。また、グラフィックプリントと、ふんだんに刺繍を用いたアイテムが「シティ・エスニック」のテーマをグラフィカルに表現します。

Simon Taylor